HOME > 社員広場 > Resting room

上の↑パンくずリストのリンクまたはブラウザの「戻る」で退出して下さい。

Resting room        管理者に意見を送る
 一寸一服、と言っても私は煙草はやらないのですが・・・。
いわゆるサイト管理者の独り言ページです。あまり公表にしたくはありません。
一応企業サイトですが、平の事務員である私が最初は自費を投じ自発的に作ったサイトであります。今では検索上位表示もされ、会社の業績も上向き傾向にあります。サイト作りの苦労話など交え、どうでも良い事をつらつらと書きたいと思います。もし、よろしかったらお付き合い下さい。
会社と私
 私がこの会社に入社したのは約21年前です。人生やり直しの場としては少々汚い職場に思いました。それでもその頃会社は大阪法人・九州法人・東京法人とグループ全体では従業員2000人クラスの業界第5位の大企業でした。
東京法人つまり私が所属するグループ会社ですが、川崎市の武蔵小杉町に本社と工場がありました。入社後間もなく大阪法人ではお家騒動?があり、やむなく大阪・九州は業界4位の会社と合併してしまったのです。では私のいるこの日本シャッター製作所は何故そのままなのでしょう? 西日本地区には大勢の日本シャッター製作所ユーザーは存在するのです。ですからブランドを継承し、ユーザーへのサービスを中断しない為ではないかと私は思っております。その後新体制となった東京も大田区へ本社は進出し、工場も武蔵小杉は売却し高崎市へと移転稼動する事になりました。私は2003年6月に経理部へ異動になりました。その当時は本社はインターネットもやっていない状態でした。そういう事に疎かったのです。
サイト誕生
 OCNなどプロバイダー契約すると無料で10MbまでHPが持てる事を知りました。それからです、FlashやIBMホームページビルダーのソフトを自前で買いました。PCもメモリの大きい物にしました。最初は会社カタログの挿入画を動かして遊んでいました。それらのパーツができたら、いよいよサイト構築かかりました。
最初はホームページビルダーの「何処でも配置モード」でスラスラと作り上げ、何だ簡単じゃんと思いましたネ。(でも後でそれはいけないと知り、全て直しました。)会社にはホームページ作りますよと宣言しても相手にはされませんでした。企画会議を設けてはくれませんでしたし、たぶん私には無理と思っていたのでしょう。今日このようにサイト運営できる事を幸せに思っております。 
SEO対策
 2005年の7月21日に初めてUploadしました。最初の1ヶ月は私しか見てなかったです。
 絶対に何とかしなくてはと思っていました。そしてSEO対策なるものを知り努力したのです。その年の10月にはGoogleが5位の位置になり安定していました。YahooとMSNはGoogle離れして間もなくで、またこのサイトが新しい事もあって300位から20位まで乱高下を繰り返しする毎日でした。
でも私は何故か自信があったのです。何処からそのような自信が出て来たのかは判りません。そうですネ、たぶんGoogleとDMOZのカテゴリ登録がとても早く出来たからだと思うのです。もしかするとYahooエキスプレスは大丈夫かもと思い、さっそく稟議書を社長に上げ許可を貰いました。やはり難なくyahooカテは通りました。それからがどんどんアクセスやメール・電話の問い合わせがあり、今では相乗効果もあり全体の売上が前年同時期の1.5倍に伸びましたから。5月決算は前期より大幅プラス業績UPになりました。
 商用の場合Yahooは有料審査ですが、Google,DMOZなどのカテゴリ登録もなかなか出来ないと悩んでいるサイト管理者も意外と多い。私の場合、情報を明け透けに出しているのですが、カタログ同様に住所・電話・メルアドは公表したほうが審査する方も評価してくれるような気がする。
私の悩み
 今、私の一番の悩みはJavaScriptの外部ファイル化ができない事です。リンクボタンをOnMouseOverで色の違うボタンに変えたいのです。1ヶならばできるのですが、全部で7つをTableで横一列に並べると、何かが影響しあうのかロールオーバー効果が出来ません。今できているのは、ホームページビルダーの機能の範囲でやっているだけなのです。それを使うと、HEAD部分のプログラミングが肥大になり、その分肝心なKeywordや文が下に追いやられ、検索ロボットが読み取ってくれないのではと心配なのです。ですから、手動でプログラミングを入力するのですが、どうにも出来ない。性格的に出来ないとそればかり考えてしまう。他の仕事が出来なくなってしまうのです。無料配布サイトのタグをコピペしてもダメでした。もしかすると、ホームページビルダーのバグなのかも知れません。
 JavascriptやFlashのような動的ページ構築はSEOに不利なのはもちろん知っております。でも視覚的にはやり動きがあった方がコマーシャル効果があると思うのです。ですから多少のリスクがあっても動きのあるページ作りは止めたくはありません。
 Google=6位、Yahoo=3位、inktom=4位、MSN=8位〜15位を維持し続けていますので、無理して外部ファイルにする事もないかなぁとは思ったりもする。
Resting room 訂正
2005.10.5
 早速会社の人から忠告があった。会社の愚痴は良くないヨ、マニアがいるんだから・・・。へぇ〜、ちゃんとこんなところまで見てるんだぁ〜。そうだネ、ちょっとまずかったかな。でもこのコーナーは無くさないヨ。なるべく固有名詞や誰とわかる表現は止して、そして入り口を分かりずらくしておいた。
今、奮闘中
2005.10.6
 そろそろ肝心な製品ページを充実させなくては・・・。Mainのシャッター製品の内容が貧弱だから、ずっ〜と気にしていた。技術的な事だし、仕様も多少変わっているでしょうし、カタログの写真をScanしても鮮明ではない。今、photshopソフトを勉強しながら、画像編集をしています。少し製品ページの構成を変えようと思うのです。私は営業でも技術でもない経理担当なので、製品についての勉強もしなくてはいけないのでに、例によって自分独りで全部やらなくてはいけないから大変です。(また愚痴ってしまった。)
検索エンジン
2005.10.14
 最近「COOl」等の推薦マークを付けてくれる検索サイトが増えて来た。とても嬉しく思う。このド素人のおばちゃんが独学でWebサイトを作ってるのだもの、たとえ会社がWebに疎くて評価してくれなくても、ある意味のプロ達が応援してくれるのなら頑張ろうと思う。
電車広告はおもしろい
2005.10.19
 電車の中で今、何回見ても笑ってしまうキャッチコピーがある。トクホンの広告で「妻との結婚年齢がそのまま肩こり年齢になったりする」。
普通は離婚すると女の人は元気になり男はしょぼくれると聞きますが、どうなんでしょうネ。
2005.10.20
 今日トクホンのキャッチコピーが替ってた。これも何となく笑ってしまう。
「肩こりが競技だったら間違いなく日本は強豪国だと思う」
「上司が頑固だと、私の肩こりも頑固になる」
日本人は良く働くからねぇ〜、私の場合は肩こりより目がヤバイ。一日中PCを眺めているから、目がとても疲れる。
2005.10.24
「肩書きは大した事はないが、肩こりは大した事ある」
よくまぁこんなに面白いコピーを沢山思い付くよね、関心しちゃう。
商品保証ページ
2005.11.11
 久々の新ページUploadです。「製品案内」からリンクしています。
シャッター製品ページが未だ頭の中で整理できていなくて未完成のままだ。
「社員の広場」ページもそろそろ変えないといけないかなと思っている。リピーターが来なくなってしまうのではと焦っている。
(何?リピーターなんているのかって? (゜.゜) )
シャッター・ドア協会の出版本から少しパクろうかとも思う。

WIKIPEDIA
2006.3.7
フリー百科事典のウィキペディアに「日本シャッター製作所」ページの登録を新設した。
かなりSEOの効果はあるように感ずる。HTMLとはまた違ったプログラム言語になるので少し勉強は必要ですが、HTMLを使いこなせる人ならば30分もあれば理解できる。
シャッター」では文化・三和・東洋・トステム鈴木がリストアップされていたが、日本シャッターを無理やり加えた。今でこそ中小企業ですが、かつてはこれらに肩を並べる大会社だった。このIT時代到来前に東洋との合併により無名になってしまったのは残念に思うからだ。初代社長、神田正平の為にも少し図う図うしいかなとは思ったが日本のシャッターメーカーの一つとして列記させてもらう事にした。
2006.4.18
「無料SEO対策Su-Jine」の掲示板で3月7日にYahooで「アホ女」と検索すると「あびる優」が一位表示されるという話題があった。その後暫くして検索しても彼女のサイトが一位になると言う事はなかった。
しかし本日「wikipedia」で検索すると何と「あびる優 wikipedia」と2位に表示されていた。先の「アホ女」keyword対策なのでしょうか?ある意味驚いた。Su-JIneに話題性で投稿したいところだけれど秘密にしておこう。
   
第1回東京Su-Jineオフ会
2006.4.22
「無料SEO対策Su-Jine」のウェブマスターフォーラムでオフ会を企画した。いつも私が参加する勉強会「本音クラブ」が利用するレストランM−13での開催。初対面の人と約束するのはとてもミステリィアスだった。皆さん性格は良さそうで、頭を使っている人は顔つきも違い皆さん美形だった。
次回にまたお会いできる事を楽しみにしていますとのフォーラムでのメッセージは嬉しかった。
季節毎開催を目標にする。大阪や名古屋・東北などにも同じ同好会が出来て、お互いに交流できたらなと思う。だいたいホームページやSEOの話題で会話できる人は周りにいないから話し相手にとても餓えているのだが、他の人もそうらしい。また違う角度での知人めぐり合いが楽しいものです。
PDFテスト
レジュメ
詳細資料
参考資料

このページのTopへ戻る