HOME > 社員の広場 > 過去記事 No,2 ヤマダ自動車

   
お客様ご紹介                                投稿者: 中田春美
 民間車検場有限会社ヤマダ自動車 ヤマダ自動車サイトへリンク
   (東京都目黒区中央町1丁目3番16号 〒152-0001 Tel 03-3715-7700)
有限会社ヤマダ自動車  目黒駅(山手線)から目黒通りを環七方面に向い、歩いて20分ほどに当社車検場がある。
目黒郵便局を目指し、東急バス目黒営業所の真向いなので見つけるのは簡単だ。
 創業は昭和2年と歴史のある車検場だ。弊社とのお付き合いは昭和30年頃よりの事で大変お世話になっている。2年前今の場所に新たにビルを新築されて、その際に日本シャッター製作所の電動シャッターをご採用頂いた。
またヤマダ自動車さんのホームページにて、日本シャッター製作所のホームページのリンクも頂いております。
昨年の暮、ホームページの取材を兼て当社の社員慰安会にお邪魔させて頂いた。
 千葉のドイツ村にてパターゴルフ大会を前座で楽しむ趣向だ。私は始めての経験なので散々な結果でした。しかし景品はTop成績の人が一番枚数の多い宝くじと、抽選による景品であったので、ビリの私でも豪華景品をGetさせていただきました。
パターゴルフ
ドイツ村にて昼食  パターゴルフ大会の後は併設されているバーベーキューレストランブースにて昼食。このドイツ村では食材もこちらで購入することが出来る。
総勢何人だったろうか?社長・専務ご家族、そして整備・板金塗装・各種手続代行など多種に渡るサービスを提供しているのでスタッフも多い。
とても家族的な雰囲気で、楽しいひと時を頂く事ができました。皆さんご馳走さまでした。
 「目黒通り」
目黒通り沿いにはお洒落なお店が点在する。
 今アンティークな家具の町としてテレビや雑誌などで良く取材されている通りである。
歩道で古い家具を洗浄し塗料を施し作業をする光景も見られる事がある。
 ヤマダ自動車さんへ行く道すがら、冷やかしがてらに見るだけショッピンクも楽しい。
 家具ではないが、エキゾチックな洋品を扱う店も発見した。
目黒通りの家具店
目黒通りのエキゾチックな洋品店 目黒通りのオシャレな家具店 
目黒通り沿いにある大鳥神社  「大鳥神社」   下目黒3−1−2
 目黒通りと山手通りを交差した角に「大鳥神社」がある。この神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征にゆかりがあるといわれるこの地に大同元年(806年)創建された目黒区内最古の神社です。
 東京都心の喧騒の中にこじんまりと存在する。すぐそばに大きな道が交差しているとは信じがたいくらいに静けさを感じるのは気のせいでしょうか?
 ひとときのオアシスを感じさせてくれます。
 わずか1時間あまり、この神社を取材している間に何組の人々がお参りをして行っただろうか?
背広姿の二人組みや若い女性、この神社がこの地にしっかりと人々の心の中に根付いている証である。
近所の子供たちであろうか、3人ほどで鬼ごっこを暫くした後、誰ともなくお賽銭を投げ入れ、鈴を鳴らして静かに合掌をする。意外な姿に私の目に写った。親達がこの神社を大切にしているのであろう。この子らはそれを引き継ぐのであろうな、まんざら日本の未来も心配はいらないなと安堵した。
大鳥神社で遊び、御参りする子供たち
ご神木 キリシタン灯篭 くし塚とくしの木
祭神は日本武尊を主神とし国常立尊と弟橘媛命を合祀しています。11月には東京最古の酉の市が開かれ大変に賑わいを見せるとか。「太々神楽・熊手の舞」が奉納されます。
また9月の例大祭には目黒通りに大小30余基の町神輿が勢ぞろいし、社殿では「太々神楽・剣の舞」が奉納されます。
「キリシタン燈篭」
かつてこの地にあった肥前島原藩主、松平主殿守の下屋敷に祀られ、密かに信仰されていたと伝えられています。
 イエスの像を仏像形式に偽装した珍しい形の切支丹燈篭でキリシタンへの弾圧と迫害が厳しかった寛永・正保・慶安から江戸中期にかけて作られたものと考えられる。
「くし塚」
9月4日は「櫛」の日とし、美容週間実行委員会が奉納したもの。私は最初これがご神木と勘違いをしてしまった。日本では古来より「櫛」は幸運のシンボルと考えられてきたとか。人生の歩む道を照らし身代わりとなる力を持っており、くし塚に御参りすると、開運・無病息災・家内安全が得られるそうです。




このページのトップへ
ページのTOPへ

HOME / 製品案内 / 安全安心 / 修理案内 / 会社案内 / お問合せ / 社員広場 

株式会社 日本シャッター製作所 /本社/ 東京都大田区上池台1-14-1 明伸ビル403号室
 電話03-3726-4800 Fax03-3726-4809


当ホームページへのリンクは自由です。メールにてご一報頂ければ幸いです。
このホームページの内容および画像の無断転載を禁じます。